Staff Solutions Australia

ヴィクトリア州はオーストラリアで最も小さい州です。
州都メルボルンは シドニーに次ぐオーストラリア第二の都市。
メルボルン 留学・ビザコンサルティング
支店ご案内人材派遣・登録サービスビザ情報翻訳・通訳サービス留学情報お役立ち情報お問い合わせ
留学・ビザコンサルティング
メルボルン・オーストラリア留学情報
ワーキングホリデー
無料初期審査実施中!
日本語教師アシスタント体験談
お問い合わせ

TEL:+61 3 9663 0000
melbourne@ssaust.com.au

スタッフソリューションオーストラリア・総合案内


留学・ビザコンサルティング

日本語アシスタントプログラム 
体験談はこちら

日本語教師アシスタントで英語力や国際感覚を高めながら日本語や日本文化を伝える!
日本との経済関係が密接なオーストラリアでは、「日本」や「日本語」に関心のあるオーストラリア人がとても多い英語圏の国です。オーストラリアの小学校から高校までの現地校では、外国語教育や異文化交流の一環として、日本語の授業を取り入れている公立・私立校が多く、生きた日本語に触れる日本人アシスタント教師を随時募集しています。授業はオーストラリア人教師によって進められますので、教室全体の運営、生徒の指導や成績を評価したりすることは、担任教師が行います。日本人のあなたは、そのアシスタントとして授業に参加し、きれいな発音や読み書きを教えたり、黒板などを使って日本語を書いたりします。「日本」により興味をもってもらうため、時には日本の年間行事を紹介したり、折り紙、習字、料理、日本の歌などに生徒と一緒にチャレンジしたりと、楽しく日本の文化を理解してもらえるようお手伝いするのが主な役割です。また、オーストラリアでの日本語教育は、英語での教授法を採用していますので、教員や生徒との交流でも英語を使うことが多く、日本語を教えながら楽しく英語力を高められます。日本人の優位性を生かしながら、オーストラリア現地ならではの国際感覚を養成するのに最適なプログラムとしてお勧めします。
スタッフソリューション・オーストラリア(SSA)
SSA日本語教師アシスタント派遣プログラム
 
日本語教員アシスタントとして現地の小・中・高校日本語クラスの担当教員とともに、オーストラリア人の生徒達に日本語や日本の文化を教えます。実用的な日本語教授法(主に英語を使った間接法による)を体験するばかりでなく、日本語を教えながら英語力を高め、国際感覚を養成するプログラムです。日本語教員アシスタントプログラムのボランティア活動を通じて培われた経験は、あなたのキャリアアップへの確かなステップに。海外ならではのワークエクスペリアンス(お仕事体験)は、きっとこれからのあなたのかけがえのない経験となることでしょう。
現在の英語力に不安のある方!現地で予め日本語教授法を習得しておきたい方!現地の語学学校や日本語養成講座のある学校で、英語力と日本語の教え方をつけていただいた後で、この日本語教員アシスタントプログラムに参加する事も可能です。あわせてお気軽にお問合せください。
現地スタッフソリューション・オーストラリアならではの特別プログラム
  • 日本のあなたとは、現地SSA担当者が直接カウンセリング(インターネット/電話/FAX等を利用)となりますので、参加費用はどの州内派遣学校であっても期間毎に応じた一律の低料金制です。参加登録料や選考料等は一切不要です。
  • 経験のない方でも日本側での準備は要りません。ご希望によって、現地入りされてから、英語学校や日本語教授法を教える学校を無料手配(ただし、授業料は有料となります。)します。
  • このプログラム参加にあたってビザの必要な方には、スタッフソリューション・オーストラリア(SSA)のオーストラリア人ビザコンサルタントが無料(移民局申請費は実費)でビザを取得します。
  • このプログラムにお申込みいただいた方は全員、SSA会員としてスタッフソリューション・オーストラリアの豪国内各本・支店(シドニー・メルボルン・ゴールドコースト・ケアンズ・パース)でご提供するお仕事紹介、ビザコンサルティング、旅行等々の無料相談を受けられます。
  • SSAの有料サービスの場合、会員の方は10%のディスカウントを行います。
オーストラリアで日本語アシスタント教師体験!=プログラムのご説明=
派遣地: オーストラリア NSW州、ビクトリア州、クイーンズランド州
派遣先校: シドニー(NSW州)、メルボルン(ビクトリア州)、ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ等(クイーンズランド州)の各州教育省管轄の小学校・中高等学校
参加費用:
  • 派遣期間が一学期間 $1,500 (12万円)
  • 派遣期間が二学期間 $2,500 (20万円)
  • 派遣期間が三学期間 $3,500 (28万円)
  • 派遣期間が四学期間 $4,500 (35万円)
なお、ご希望により(オープションとして)つぎの手配を無料で行いますので、お問合せください。ただし、費用は実費をご負担いただきます。
  1. 英語研修費:一般英語コース12週間まで就学が可能。 平均授業料:A$300/週(2.5万円/週)
  2. 日本語教師養成講座受講費: A$2000/100時間(16万円)
  3. ホームステイ滞在費: $200(1週間)位から
  4. 空港出迎え: $120/1回 ホームステイ先までご案内
  5. ビザクラス416(スペシャルビザ)取得する場合の移民局申請費: $170
  6. その他、プログラムに関連する手配
*参加費用とその他オープション費用等のお支払いは円建て、豪ドル建てどちらでもお受けできます。
お問合せ、お申込みはこちらへ
       
お問い合わせ お見積もり お申し込み 日本語教師アシスタント条件書
アシスタント日本語教員プログラム開始スケジュール
アシスタント期間は最短で約10週間(1学期間)から最長40週間(4学期間)になります。なお、学期と学期の間には休みがはいります。
注)土・日曜日、および祝祭日には授業はありません。また、学校の都合によりスケジュール変更になることがあります。プログラム開始日は、州によって若干異なります。派遣先学校の途中変更や学期途中からの参加は基本的にできません。以上、あらかじめご了承下さい。
参加費用に含まれる物:
  • 日本語教師アシスタントプログラム参加のためのカウンセリングと情報提供費用
  • スペシャルビザ(Sub Class 416)取得のための手続き代行
  • 派遣先学校選定に関わる諸費用
  • 到着直後のオリエンテーション (SSAシドニー、メルボルン、ゴールドコーストの各SSA支店で行います)。
参加費用に含まれないもの:
  • 往復渡航費
  • 現地交通費
  • ホームスティ先の紹介費
  • 住居費(例)週A$200 ̄
  • 生活費(食費、光熱費、雑費等)
  • パスポート取得費用
  • 語学学校、日本語教師養成講座費用、 その他個人的な費用
参加資格: 日常英会話ができ、健康で明るい社交的な方。担当教員や学校スタッフとの一定の意思疎通が可能なレベル(英検2級程度)が望まれます。お申込み前に簡単な英語によるテレホンインタビュウーを実施します。教員資格は特に必要ありません。日本語教員経験のない方でも教えることへの情熱とやる気さえあれば、アシスタント教師として十分資格があります。州によっては無犯罪証明書の提出を求められる場合や、海外旅行保険に加入していただくことが必要になります。
カウンセリングから学校赴任までの流れ
  1. インターネットカウンセリング
  2. お申し込み
  3. レジメ(英文履歴書)カバーレターの作成
  4. 英語力チェック(電話インタビュー)
  5. 派遣先学校の紹介と決定
  6. 滞在先の斡旋、紹介*オープション
  7. ご請求、お支払い
  8. 空港出迎え、ホームステイ先案内*オープション
  9. 現地到着後、各支店内で簡単な研修
  10. ご希望の英語学校、日本語教師養成講座の手配*オープション
  11. 学校赴任
ビザについてのご注意
当プログラムは、学生ビザでの参加はできません。ワーキングホリデービザかクラス416(スペシャルビザ)ビザを取得して来豪してください。観光ビザで入国された方がこのプログラムに参加するためには、オーストラリアでクラス416(スペシャルビザ)に切り替える必要があります。このビザを取得するには3 ̄4週間かかりますので、その必要ある方はできるだけ早くご通知ください。移民局申請費はご負担いただきますが、当社が無料で手続きを行います。
日本語教師アシスタントプログラムのみが目的でオーストラリアに入国される方は、あらかじめクラス416ビザを取得して入国してください。このビザの取得のためにオーストラリアの受け入れ校の署名入りレターが必要になりますので、プログラムを希望される最低3ヶ月前に手続きを始めていただきます。詳しい手続きにつきましては、このプログラム各支店担当者にお問い合わせください。
注:ワーキングホリデービザ(30歳まで)は年齢制限がありますので、ご注意ください。
       
お問い合わせ お見積もり お申し込み 日本語教師アシスタント条件書
メルボルン支店へのお問い合わせ・ご登録は、下記までお願い致します。
TEL: 03-9663-0000
Email: melbourne@ssaust.com.au